作曲ツール「Song Maker」の使い方

音楽の授業でも使えるSong Makerの使い方

インターネットに接続できる環境があれば無料で使用できる作曲ツール「Song Maker」の使い方を解説します。クリック操作だけなので小学生でも使えます。

 

Song Maker(ソングメーカー)の使い方

ブラウザ(インターネットに接続するソフト)はGoogle Chrome(グーグル クローム)を使用。

インターネットエクスプローラーでは使用できません。
最初につまづきがちなポイントなので気をつけてください。

 

Song Maker のページにアクセス

こちらからSong Makerのページにアクセスします。
インターネット検索で「song maker」と検索しても見つけることができます。

 

Song Maker 初期画面

 

クリック操作で作曲

  • 1マス1マスが音に対応していて、クリックするとマスに色がつき、音が出ます。
  • 色をつけたあとで、左下にある演奏開始ボタンを押すと、左から右に演奏されます。

 

基本はコレだけ。
あとは設定変更で、演奏する楽器を変えたり、テンポを変更したりすることができます。

 

設定変更

 

Song Maker 半音の入力方法

Song Makerの使い方でわかりにくいのが半音(♯、♭)の入力方法です。
これは右下にある「Settings」というボタンから行います。

 

右下「Settings」をクリック

 

ScaleをMajorからChromaticに変更


これで半音(♯、♭)も入力できるようになります。

Song Makerの詳しい使い方や音楽授業での活用法

【目次】
第1章 Song Makerの使い方
 1.Song Makerとは
 2.Song Makerの起動方法
 3.基本となる作曲方法 など
第2章 Song Makerの活用法
 1.マイク機能を使った発声練習
 2.マイク機能を使った歌唱練習
 3.身近なメロディを再現しよう! など
第3章 Chrome Music Labの使い方
 1.リズム
 2.スペクトログラム
 3.和音 など
オンラインでも使える音楽ICT授業のヒント

page top