成績処理でのエクセルの使い方(平均点の計算)

エクセルで平均を計算する方法

複数のテストの平均点をエクセルで計算する方法を解説します。

 

エクセルの計算式ではなく、AVERAGE関数を使うことでテストを欠席した場合は、その回を除いて平均点を計算してくれるようになります。

 

平均点の列にAVERAGE関数を設定

テストの点数が未入力の個所があった場合(名前「ううう」の「テスト2」など)は、入力されている点数のみで平均点を計算しています。

平均点を計算するAVERAGE関数の使い方

AVERAGE関数の書き方と使用例
目的指定された数値の平均を計算する
書き方=AVERAGE(計算対象とする数値を指定)
使用例=AVERAGE(B2:D2)
使用例の意味B2セルからD2セルまでの数値の平均を計算

「B2:D2」が「B2セルからD2セルまで(B2,C2,D2)」を意味しています。

 


上記のように設定します。

 

数値が未入力のセルは計算対象から除外

指定した範囲に未入力のセルがあった場合は、自動的に計算対象から除外します。

範囲をB4からD4で指定していますが、C4が未入力のため、B4とD4で平均を計算しています。

 

未入力の個所を計算対象から除外してくれるのがAVERAGE関数を使うメリットです。計算式で「=(B4+C4+D4)/3」とすると、未入力があっても「3で割って」しまいます。

 

小数点以下の設定はセルの書式設定で行う

計算した平均値の小数点以下セルの書式設定で指定します。
右クリック → セルの書式設定を選択。

 

表示形式 → 数値 → 小数点以下の桁数 で設定します。

page top