エクセルにパスワードを設定して保存する方法

エクセルにパスワードを設定して保存する方法

エクセルはパスワードを設定して保存することができます。設定したパスワードはエクセルファイルを開くときに求められ、パスワードを知らないと中身を見ることができません。

 

児童・生徒の個人情報が含まれているファイルなどの保存形式として活用してみてください。

 

エクセルにパスワードを設定する方法

パスワードはエクセルファイルを保存するときに設定します。
メニューの「ファイル」→「名前を付けて保存」→「ツール」→「全般オプション」を選択

 

エクセルにパスワードを設定する手順

 

表示された設定画面で、「読み取りパスワード」「書き込みパスワード」を入力
エクセルにパスワードを設定する手順

 

読み取りパスワードと書き込みパスワードの違い

読み取りパスワードはファイルを開くために必要なパスワードで、エクセルファイルを開こうとしたときに入力を求められます。

 

書き込みパスワードは、開いたファイルの内容を書き換えて保存(上書き保存)するために必要なパスワードで、こちらもファイル起動時に入力を求められます。

 

読み取りパスワードと書き込みパスワードは別々に設定できるので、読み取りパスワードだけを知っている場合は、「読み取り専用」でファイルを開くことができます。

 

読み取りパスワードだけ設定することも可能

読み取りパスワードだけ設定することも可能です。
(下記のように書き込みパスワードに何も入力せずにOKをクリック)

 

この場合は、読み取りパスワードを知っていてファイルを開くことができれば、上書き保存もできることになります。

PR

page top